MENU

糖質制限ダイエットって本当に効果あるの?

 

 

 

「糖質制限ダイエット」は実際どういった効果のあるものなのでしょう。

 

 

 

まず、知っておきたいことは私達にとって糖質は必要不可欠である栄養素の一つであるということです。

 

ただし、現代の食生活においては糖質の摂り過ぎになることが多く、そのため肥満が深刻な現代病となっています。

 

ですので、私達の生きるエネルギー源となる糖質を全カットするのではなく、あくまでも制限しつつダイエットを行うことが大切です。

 

 

 

先にも述べた通り、炭水化物にも糖質が含まれます。

 

ご飯やパン、麺類などは半分の量に減らし、糖質の低い他の食品も摂り、基本、1日3食しっかりと食べることが大切です。

 

「糖質制限ダイエット」の方法は糖質は減らしても食事制限をするものではありません。

 

 

 

炭水化物を抑えることで必然的に摂取カロリーを減らすことができるのです。

 

また、摂取する糖質の量が減ることで、すでに体内に蓄積されていた脂肪をエネルギ-として消費し始めます。

 

これにより、脂肪燃焼が促進されてダイエット効果が高まるのです。

 

 

 

そして、血糖値は上昇すると血中の糖を処理する働きがありますが、その際、余分な糖を脂肪として溜め込んでしまいます。

 

このダイエット法には血糖値の上昇を抑える働きもしますので、脂肪を体内に蓄積するのを抑えられます。

 

 

 

以上見てきたとおり、「糖質制限ダイエット」は過酷な食事制限とは違い、食べて痩せる、といった言わばストレスの比較的少ない、かつ効果的なダイエット法です。

 

あくまでも急激に糖質の制限を始めるのではなく、無理なく徐々に始めることが大切です。

 

このページの先頭へ